カテゴリ:今日の一曲( 3 )

星屑

イントロから続くギターのリフレインでもうポラリスだってわかってしまう。

"何をしてるかな いつも手のひら  うるむ目の中いつまで
何をしてるかな 焦がす夜空に  二人星屑見ていた..
すべて吹かれて 今を祈るさ  今も星空に くるまうように生きてる...”

ポラリスの歌は、もがいた先にやっと見えてきたちいさな光を大切にしながら生きてる人たちに向けた歌のよう。
最初のミニアルバムが2001年だから光と影を聴いてから、もう17年という月日が経つ。
東京を離れる少し前から今に至る時間をともにしたポラリス。
これからも。









[PR]
by bleugreen | 2018-06-15 00:28 | 今日の一曲

東京日帰り

三菱一号館美術館でルドン展を観てから、東京駅丸の内南口である人と待ち合わせた。
30年ぶり。。
まさかねぇ、、ってお互い顔を見ながら笑って言葉にならず、、。
ランチをしながらぽつぽつと話しをした。 ほんとにぽつぽつという感じで。
一緒に小林孝亘君の個展を観てから道に迷ってウロウロしてたら、また大学の同級生にばったり会うというミラクル。
かつてこの三人で学生時代に高橋幸宏のライブを観に行ったことを思い出した。
その後、熊谷守一展を観たあと、珈琲を飲みながらまた話す。
お互いの今のこと、家族のこと、彼女の最初の子育てが大変だったこと、楽器を弾きながら歌うことが好きだってこと、
チェロをまだ弾いてると聞いてうれしかったこと、、 ぽつぽつと。

東京は寒くて冷たい雨も降ってたし、花粉もひどくてクタクタに歩き疲れたけど、、なんだかとても、いい日でした。 




ce jour-la (あの日)  Pierre Barouh





[PR]
by bleugreen | 2018-03-18 02:19 | 今日の一曲

今日の一曲

音楽は苦しみを理解するための助けになる。
唐突ですが不定期で始まりました、今日の一曲。  
聴いてくださいというより、自分への記録として。

この人を知ったのは20年くらい前。 ずっとその前から伝説の人だった。
全然聴かない時もあったけど、このところずっと部屋で流れてる。
いつ戻ってきても静かにそっと寄り添ってくれるような音楽。
ほんとに最後のアルバムなのかな。 
ヴァシュティー・バニヤン Heartleap








[PR]
by bleugreen | 2018-03-04 22:31 | 今日の一曲