星屑

イントロから続くギターのリフレインでもうポラリスだってわかってしまう。

"何をしてるかな いつも手のひら  うるむ目の中いつまで
何をしてるかな 焦がす夜空に  二人星屑見ていた..
すべて吹かれて 今を祈るさ  今も星空に くるまうように生きてる...”

ポラリスの歌は、もがいた先にやっと見えてきたちいさな光を大切にしながら生きてる人たちに向けた歌のよう。
最初のミニアルバムが2001年だから光と影を聴いてから、もう17年という月日が経つ。
東京を離れる少し前から今に至る時間をともにしたポラリス。
これからも。









[PR]
by bleugreen | 2018-06-15 00:28 | 今日の一曲