冬の記憶#2

もうそんな季節。  
今年もラウンジルームさんで冬の展示です。
前回の「冬の記憶」の続きです。

b0162935_22485976.jpg
細谷晶夫 パステルワークス  冬の記憶#2
12月8日(木)-25日(日)
Lounge room  新潟県上越市 飯 四反田1410-4  
11:00-19:00  水曜日定休


何年振りかに聴いたケイトブッシュがやっぱりすごくて、この季節の夜になかなかピッタリ。
クジラの鳴き声からの歌声が何度聴いてもぞわっと鳥肌が。   この時19歳。。














[PR]
by bleugreen | 2016-11-28 23:05 | お知らせ

デイキャンプ秋

2週間くらい前にまた木崎湖へ。  いつのまにか月一になってるけど、デイキャンプは多分今季最後かな。


b0162935_16071480.jpg

これを見たくて、くねくね道を上がってくるようなもの。  毎回高まる。


b0162935_16090147.jpg


この頃は、まだ赤みはいまいち。  午前中人は少なくて静か。
快晴だけど日陰は寒いので、久しぶりにたき火を始める。
たまにこのブログでも出てくる、木崎湖の近くに住む木こりK林からいただいた薪がありがたい。
友人の初卸のロケットストーブとミニストーブと僕のたき火台でおじさんの火遊び。
パンをかるく焙ったり、ソーセージを茹でたりポップコーン作ったりしながら乾杯。
のんきで楽しい。

b0162935_16084468.jpg


b0162935_17062354.jpg


b0162935_17065400.jpg

K林の家もそうだけど、東京に住んでた頃からここは特別だった。
東京に戻って地下鉄に乗る時のあの何か間違ってるという感情は今も覚えてる。
あの頃よりはもっと身近になったけど、やっぱりここは特別な場所だ。
しんどいことがあっても、ここに行こうと思えばなんとかやり過ごせる気がする、そんな場所。
どんな雲も裏側は銀色に輝いてるという諺があるけど、ここは雲の裏側。  言い過ぎかな、、^^



b0162935_17104987.jpg

帰りに隣の中綱湖に寄ってみた。  ここも静か。 
ここは木崎湖や青木湖に比べると小さいけど散歩するといい場所だ。
次回は来年になりそうだけど、また必ず。






[PR]
by bleugreen | 2016-11-19 17:25 | 日々のこと

先日のドミューンのピエール・バルーがよかった。  もう82歳だというのに自由でリラックスした雰囲気も歌声も変わらなかった。
今でも「男と女」のDVDはたまに観るしサントラも大好きだ。
僕が一番聴いてたのは83年の「ル・ポレン 花粉」の頃で、このアルバムにも参加してる高橋幸宏の「薔薇色の明日」もちょうどその年に発表されて学生の僕は大人のロマンチシズムにやられてた。笑
「ル・ポレン」のすぐ後に出た12インチシングル「おくりもの」は当時好きだった人にあげようと部屋に行ったら、同居してた女の子と料理と炬燵が見えて、これからお客が来るとのことでレコードだけ渡して帰ったことがあったなあとか、その年の暮れには「We wish you a merry christmas」というオムニバスアルバムにも「Ce jour la....(あの日)」という曲で参加してて切ないクリスマスにほんのり暖かい思い出がよみがえった。

記憶が伴うと音楽はより大事なものになる。 歳を経るとともに大切な音楽が増えてくるということは、年寄りの特権ですね。
忘れてしまうこともあるけども..


出会いの星






[PR]
by bleugreen | 2016-11-04 00:23 | 日々のこと