砂のつぶほどの奇跡

夏の記憶。
笑顔が素敵だったその人
なんとなく気持ちが通じてる気がして
いつしかお互いがそのことに気づいて
ふわふわしてそわそわして
メールしたと同時にメールが来たり
好きな映画や音楽が同じだったり
そうでもないけど合わせたりもして
電話がなかなか切れなかったりとかもして
会う時が待ち遠しくてどきどきして
いつかつらいことになったとしても、かまわないって思ったりして..

そんな出会い
そんな奇跡のようなことが
この世の中ではたまに起きる。

現実は厳しいから
みんながさみしさを抱えてるから

こんな奇跡をなんとなく信じて楽しみにしててもいいんじゃないかと...

久しぶりに聴いて、年甲斐もなくそんなことを思った夏の終わり。。



櫛引彩香トリオ キミとボク









[PR]
by bleugreen | 2014-08-17 02:13 | 日々のこと

暑中お見舞い

暑いす。   ご自愛ください。

去年の夏はほぼ制作で終わったような。。  戸隠の鏡池どんぐりハウスさんで夏から秋まで展示してたから、何度も通ったりもした。

だれにも忘れられない夏がある、らしい。 
「夏は単なる季節ではない。 心の状態だ。」 という片岡義男先生のお言葉を毎年、思い出す。
  
短い夏。 ざわざわするようなあの夏は遠い記憶だけど、もしかしたらずーっと同じ夏が続いてるのかもしれない。 ...という妄想というか夢のようなことを思う。  日常のディテールがぼんやりしてくるような暑さのせいでしょか。。

みなさま、いい夏を。

b0162935_00434716.jpg




[PR]
by bleugreen | 2014-08-04 00:49 | 日々のこと