<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いくつか

ここ最近、心を動かされたものをいくつか。 ずっと忘れないように。

nytimes
ニューヨークタイムズにあれから毎日アップされてる写真。 目をうばわれた。 しっかりと見なくちゃ。

水木しげる
同じくニューヨークタイムズに掲載された水木しげるの書き下ろし。
凡人のぼくは津波で家族を失った人たちがもしこれを見る思うと複雑なんだけど、絵の力というかインパクトはさすが。 

ototoy
クラムボン、ミトさんが被災地にむけて想いを音にしたもの。
短いけどしみる。 ワンコインでダウンロードできます。

↑の312を使って一般の方が作ったもの。 ミトさんも感動していた。



いろんな物資が送られてるけど、これも届いてほしいなあと思う。 心から。

[PR]
by bleugreen | 2011-03-29 23:57 | 日々のこと

この日常

昨日も友人と会った。
珈琲一杯で1時間以上話した。
その前日は急に天ぷらが食べたくなってかき揚げに挑戦するも、ただの細かい野菜の天ぷらになった。
そして描けなくて苦しんだり、ビール飲みながらyoutubeみたりする、そんな日々。
このなんでもない日常が、ありがたいと思う日が続いてる。

ここ数日、頭の中でループしてるこの曲。
Sigur Ros  Hoppipolla



歌詞はこちら
[PR]
by bleugreen | 2011-03-23 04:36 | 日々のこと

今日の空2

友人と会った。 天気のいい日。
愛らしい子供と笑顔にほっとした。
残念ながら今夜は月はみえない。
b0162935_3164678.jpg

[PR]
by bleugreen | 2011-03-20 03:26 | 日々のこと

今日の空

b0162935_23523645.jpg


for nihon ♪
[PR]
by bleugreen | 2011-03-18 23:58 | 日々のこと

春待ち

雪です。 真冬のように寒いです。
ヒーターを12度に設定して、なんとか大丈夫。

ある人のブログで非常袋をあけたら、40年前にお父上が書いたメモが出てきたとのこと。
そこには「心に太陽をもて くちびるに歌をもて」と書かれてたそう。 

『kukkaの春待ち雑貨店』に参加します。
2011年3月18日(金)~ 27日(日)
craft&gallery kukka ギャラリースペースにて
[PR]
by bleugreen | 2011-03-17 22:42 | お知らせ

午後から雨が降り出しました。
花粉もだいぶましになった。
被災地は雪だそうで、寒くなりそうだ。
こちらも明日は雪の予報。
木曜からは計画停電も始まるとのこと。
できるだけ平静に仕事をしようと思う。
絵を描こうと思う。
そしてこんな時こそ音楽を。
[PR]
by bleugreen | 2011-03-15 22:50 | 日々のこと

こんな日本を伝えたい。
tweet
[PR]
by bleugreen | 2011-03-13 15:19 | 日々のこと

無事です。

新しいPCからの一発目の投稿がこんなことからとは。
ともあれこちらはほぼ平安に過ごしてます。 と同時に日常の幸せに感謝。
朝方の揺れには少々びびりましたが。
昨日から携帯が使えません。
Cメールは受信のみできるようです。
kちゃんこっちは大丈夫だから。 そっちは大丈夫かな?
なにかあればPCのメールに。

みんな、気をつけて。 元気だして。
[PR]
by bleugreen | 2011-03-13 00:12 | 日々のこと

imac

雪が降ってます。  寒いわけだ。
明日はもっと降るそうです。

今日N氏のところでPCを注文した。 家のマックではサイトが重すぎるので。
N氏も買い替えたばかりで快適そうだ。 ウーハースピーカーを繋ぎながら仕事にならないどうしてくれるんですかと言っていた。
PCは古いと仕事にならないし、新しいとそれはそれで誘惑も多くて仕事にならないのですね。。

ついに、このマックともあと少しでお別れ。
このimac は2002年4月に買ったので、もう9年使ってたことになる。
もう十分です。 よく働いてくれました。

これを買った年の秋に東京を離れ、この町に越してきた。
しばらくはダイヤル回線しかない状況だったし、2回くらいハードディスクを入れ替えたりもしたし、キーボードにカフェオレをぶちまけておしゃかにしたこともあった。
やがてyoutubeなど、見れないし聴けないものが増えてきた。
この世の中に置いてかれてる感じを横目でにらみつつ、鞭打って起動させてきた。
最近は作業中に突然ぷつっとスリープ状態になって、そのまま終わる。と、いうことが続いてる。
叩き壊したくなることもあったけど、このマック君がいなかった状況は今はもう考えられない。

制作してるイーゼルのすぐ横にあるマック君は、ほぼ毎日ぼくと顔をつき合わせてきた。
多分、この9年間のぼくのことをなんでも知っている。
[PR]
by bleugreen | 2011-03-02 23:48 | 日々のこと